瘀血(おけつ)は老化した血液?アーユルヴェーダや東洋医学・鍼灸治療で血液からのアンチエイジング


身体の不調の治療は、できるだけ<薬・注射・手術>などは避けたいと希望される方が「他に何かいい治療法はないか?」とインターネットで検索していくにつれて、
<東洋医学><鍼灸治療><漢方>などに興味を持ち始めて、Ten治療院を訪れて下さる場合が多くあります。
 
私は、東洋医学に興味を持った方々へは、単に病気を「治す」だけでなく、病気になってしまう自分の体質や生活、思考を「直す」きっかけにして頂ければと思っています。

そして、症状を起こしている<根本的な原因を解決するための施術>に取り組んでいます。
 
特に<慢性的な症状>には、血液がドロドロの状態である『瘀血・おけつ』の問題が関わっていることがほとんどなので、当院は血液浄化のための施術を強化しています。
 
たとえば・・・
生理痛、子宮筋腫、卵巣嚢腫、更年期障害などの婦人科疾患
肩・腰などの身体の痛み・コリ
指や膝などの関節
便秘や下痢、逆流性食道炎などの消化器系疾患など

これらの様々な複数の症状の「根っこ」には、実は「瘀血」が潜んでいます。

だからこそ、「瘀血」の問題をスッキリと解決するためには、「瘀血対策」つまり「血液のデトックス」が必須なのです。
 
当院へ治療を求める方々は、複数の症状を抱えているケースがとても多く、
血液のデトックスに特化したアーユルヴェーダ・鍼灸のアプローチによって、複数の症状が見事に解決していく結果が出るのも当院の特長です。

漢方薬・刺絡(しらく)治療・アーユルヴェーダのオイルは「効かせ方」がそれぞれ違う

 
漢方薬は、薬草を水に煎じて口から飲むことで薬効を体内に取り込み、 内臓や体内のエネルギーの力を使って瘀血の解消を図ります。
 
Ten治療院では、アーユルヴェーダのオイルマッサージを用いて、オイルに封じ込めた薬草のパワーをダイナミックに、全身の皮膚からくまなく体内に流し込んでいく。

オイルには、身体の奥に潜む〈瘀血の素=毒素〉を血液中へ引っ張り出す大きな役目があります。

そこへ、さらに当院では鍼治療=刺絡(しらく)治療の技を重ねていきます。

隅々からゴミを掻き集めるように、オイルによって毒素を掻き集めていくような作業ですが、掻き集めた身体の毒素を大量に含んだ瘀血を、刺絡治療で体外へと速やかに取り除いていきます。

血液の老化が身体の老化を早める

 
また、瘀血(おけつ)は体内で流れず古くなった「老化した血液」ともいえます。

常に生まれ変わるピチピチの細胞たちとは違い、瘀血はただそこに停滞し、どんどん古くなって老いていくだけの血液です。

この瘀血が身体の中にたくさんあると、身体もどんどん老化が加速してしまいますので、老化の大きな原因となります。

そのため、瘀血対策は美容・アンチエイジング効果も抜群!

アーユルヴェーダと鍼灸治療の組み合わせによる血液浄化・体内毒素排出のアプローチを繰り返し受けていくことで、

「爪が丈夫になり、割れなくなった」
「お肌のくすみがとれて、透明感が出てきた」
「髪にボリュームが出てキレイになった」

など、美容面の変化も実感されていきます。

瘀血のデトックスは、血液からのアンチエイジング。

内面から若返れば、見た目も若返っていく。健康と美容の両面を叶えましょう。

Yuri’s Blog

名古屋市千種区本山駅徒歩5分 アーユルヴェーダ&鍼灸治療 Ten治療院 http://ayur-ten.com/ 小川ゆりのブログ

0コメント

  • 1000 / 1000