疲労回復のための、とっておきの方法とは?


「 私、もう限界・・」


慢性疲労、日々のストレスの積み重ねを限界まで「溜め込んでしまう」ことは要注意です。


疲れ続けていても、よほどの不調の変化で限界を自覚するまで、自分を休ませることを許さないことは危険だと自覚してください。


忙しさに紛れてストレスを溜め込むことで、心身の疲労は蓄積していく。

しかし、溜め込んだものを排出させることで、楽になっていくのです。


身体・仕事・環境・・・40~50代ストレス環境は「デトックス」で乗り切る


当院へは40代~50代の女性を中心とした方々が多く訪れています。

女性がキャリアを積んで役職に就くタイミングは、更年期と重なることが多いのではと感じます。


職場の環境が変わり、重責を担うことで、特に精神的に負担が大きくなり、それに伴い身体も大きな変化を迎えていきます。


ホットフラッシュや大量の汗、自分では制御できない気分の浮き沈み、不眠、倦怠感、記憶力の低下・・・更年期障害に悩まされながら、


「辛い、会社を辞めたい。でも働かなくてはならない‥」と、精神的にも追いやられてしまいます。


体力維持の為に、食事の改善を思いついても、料理をする元気もない。

サプリメントやドリンクで栄養補給を心がけても、激務を乗り越えていけるほど、心身が元気になっていく手応えは感じられない不安。


そのような不安を抱えて当院を探し出された方々は、初回のカウンセリングで、ようやく辛さを言葉にして涙される事もあります。


「みんな頑張っているのだから、自分だけが辛い出来ないとは言ってられない」と、押し込めていた感情がやっと緩められていく・・

実は、この段階から既にデトックスが始まっているのです。


将来の健康は、今の状態がベースに積み重ねられていく


もしも、このまま疲労を溜め込んでいった場合・・5年、10年先の将来にはどんな症状として表れてくるでしょうか?


必死に守ってきた仕事や生活を、「病気」というブレーキによって全部手放さなくてはならないような事態になってしまったら・・・


たとえば、当院に通院中のE様の場合

仕事も重責を担う日々のストレスから、「あの時の私は、私ではなかった」というくらい疲労困憊な状態での来院でした。

今では「身体も気持ちも、芯からの疲れが取れて楽になった。もうあの頃のようには戻りたくはない」と言えるまでに回復されました。


身体のサビを放置した結果


当院の施術は、「身体のサビが取れていく感覚」と言われます。

身体のサビとは、体内毒素のこと。


今まで身体に溜めたサビがあると、ギイギイ・ギシギシと音を立てるようにしてやっと動く状態で、そこに日常の疲れが加わると、もう動けません。


その毒素が体内で放置されるとどうなるか?

【関節】に溜まると、肩こり・五十肩や腰痛、膝痛や指の関節の痛みを引き起こす。

【お肌】に溜まると、シミ・くすみ・肝斑などの見た目の老化を引き起こす。

【腸】がサビると働きが鈍くなり、お腹も固くなってお腹周りが太ってきたり、便秘や下痢のトラブルを引き起こす。

【脳】がサビると物忘れが多くなったり、決断力の低下、集中力の低下を引き起こす。


E様のように、もうどうにもならない位に心身が重くて苦しい状態というのは、このような根本的な原因による結果なのです。


疲労回復には、心身のサビを磨き上げるためのケアを


当院の施術は、「サビ=毒素」を洗い流して磨き上げるための本格的なアーユルヴェーダ・オイルマッサージを丁寧に取り組んでいます。


これは<体内のサビを浮き上がらせて排出しやすくする>ための下準備。

当院の特長は、アーユルヴェーダ・オイルマッサージをベースとして、毒素排出=デトックスを施しながら、患者さまが訴えられる症状の改善へ向けて、具体的に鍼(はり)・お灸で治療を行うことです。


疲れ切っている人々の訴えは、慢性疲労だけの問題ではありません。

胃腸の働きの低下に伴う症状や、神経疾患・精神疾患・女性疾患など実に様々で複雑な症状を同時に幾つも訴えられることが多いのです。


「サビ=毒素」の溜まっている場所から、サビを直接取り出すためには【刺絡治療】

また、排出を促すと同時に「サビ=毒素を溜まらせないような体内環境を整える」対策として【鍼(はり)・お灸(きゅう)治療】

脳のサビ取り【YNSA治療】


アーユルヴェーダが得意とするデトックスと、鍼(はり)・お灸(きゅう)効果で、徹底的に慢性疲労の原因を解消させるべく取り組んでいきます。


リラクゼーションと治療が両方同時に叶えられる駆け込み場所として、疲労困憊や症状を訴える40代~50代を中心とした人々に支持を頂いております。


心身の疲労・毒素は溜め込まないで。

デトックスなら、Ten治療院にお任せください。



0コメント

  • 1000 / 1000