悪習慣を断ち切りたい人は、デトックスがおすすめ


12月を迎えて、街中がクリスマスのディスプレイで華いでいますね。


年末に向けて慌ただしさが増してくる時期でもあります。


そんな時、疲れ切って帰宅した後に、自炊をする元気がない方は多いのではないでしょうか?


日常の食生活は、空腹をただ満たせられたらいいと、手軽なコンビニのお弁当、パン類、スナック菓子、スイーツで胃袋を満たすことが主食であるような方をよく見受けます。


お腹はそれほど空いていなくても、食べたい気持ちは異常にあり、食べ出したら止まらないことを繰り返してきた方が


「このままでは、ヤバイ・・」


どうしたらいいんだろう?・・と当院へご相談に来られるケースがあります。


私は、ヤバイからデトックスする、ということよりも「何がヤバイのか?」に気付いて頂ける施術を心掛けています。


アーユルヴェーダ・デトックスは「食べるという行為は、お腹を満たす以上にもっと深い意味」への理解を深めていける世界。


だからこそ、食べる・取り入れること以上に、心身の維持には「排出する」という習慣は、こんなに大事なことなんだ!と気付いて頂けることが一番のデトックス効果だと私は思っています。


実際に、当院のデトックス・プログラムで施術を繰り返していった方々は少しずつ感覚の変化が表れ、


今まで飲んでいたコーヒーの香りや味が、とても強く感じるようになったり、添加物による人工的な食べ物の味と、自然のままの味の違いが分かるようになったり‥。


寒い冬の季節にも、平気でアイスクリームを食べていた方がデトックスに取り組んだことで、食べものの冷たさを不快だと感じられるようになってきた‥というご報告があり、


さらに、その方はアイスクリームだけでなく、生野菜やフルーツ類で体を冷やす食べ物を、寒い季節には食べる気はしなくなった変化も出てきました。


改善しなければならない食習慣を、無理なく断ち切っていける心身の変化が、デトックスの効果です。


デトックス前は、「身体を冷やすことは、自分の身体の調子を悪くする。それをしてしまうことに罪悪感があった」・・と思いながらも、分かってはいたけれど、ついつい食べてしまうことが止められなかった。


今では「自分に害のあることを、自然に手放すことができるようになった」という大きな変化を実感されているとのこと。


徹底的なデトックスには、人間に本来備わっている「自分を大切にする気持ち」を取り戻す効果があると感じます。


そうして自分を労わることのできる自分になれた時には、食べものでは得られない「心からの大きな喜び」を得るでしょう。


もし、自分の身体に害のある習慣を続けていれば、あらゆる病気のリスクとなります。


乱れた食習慣で、体内毒素を溜め込み、感覚まで鈍らせていたものを、本格的なデトックスで脳、消化器系、体内の管・スロータスなど体内を大掃除して研ぎ澄まし、身体に必要なもの・要らないものを、はっきりと認識できるようになれば、自分を傷つけることをやめられるようになるのです。


アーユルヴェーダのデトックスの目指すゴールは、病気や症状を治すだけでなく、病気を予防すること。


デトックスによってお身体を浄化し、アーユルヴェーダの知識にも触れていただきながら、ご自身を大切にする生き方へとシフトする。


当院の施術がそのきっかけになれば、と願っています。



Yuri’s Blog

名古屋市千種区本山駅徒歩5分 アーユルヴェーダ&鍼灸治療 Ten治療院 http://ayur-ten.com/ 小川ゆりのブログ

0コメント

  • 1000 / 1000