40代・50代の方におすすめの更年期障害に対する脳ケア


40代・50代の時期は、身体の仕組みが大きく変わる世代です。


当院は更年期障害にお悩みで、特に出来る限り投薬ではない方法で改善を望まれる方々からお問い合わせを頂きますが、

Ten治療院のもう一つの特長は、身体の調整だけではなく「ストレスでダメージを受けた脳」へのケアを必要不可欠としていることです。


今回は、なぜ更年期障害対策に<脳ケア>まで取り入れているのか?その必要性をお伝えしたいと思います。


視床下部は「心と身体を結ぶ場所」


女性には視床下部という「脳」の一部から、卵巣に向けて女性ホルモンを出すように号令をかける仕組みがあります。


年齢を重ねることで卵巣が働かなくなり、視床下部からの号令に応えることができなくなり、号令を受けても排卵ができず「閉経」を迎えます。


この時の、体と心の大きな揺れ動きは<第二の思春期>のようです。


ここで注目して頂きたいことは、視床下部という脳幹の働きについてです。


更年期障害とは、視床下部からの<脳の号令>と<身体の状態>がかみ合わなくなった時におこる症状といわれており、

視床下部は、イライラや憂鬱などの精神的ストレスをキャッチすると、冷や汗や動悸などという身体の反応を起こすよう号令を出す「心と身体を結ぶ場所」の働きをしています。


そのため、更年期に加えて常にストレスを抱えていると、視床下部も常に働かしていることになり、脳への負担は大きい。

ホットフラッシュ・動悸・めまい・不眠症・頭痛・不安・イライラ・情緒不安定など、更年期障害と呼ばれる症状で悩んでいる方を、YNSA(山元式新頭針療法)の方法で診断すると、やはり視床下部のある脳幹に強く反応が現れています。


脳幹の血流が悪く、正常に働くことが難しい状態を示しています。


更年期障害への対策は「脳」の働きを正常化させることで解決する


Ten治療院では、YNSA(山元式新頭針療法)の鍼(はり)治療にて、視床下部のある脳幹へ直接アプローチすることで、脳幹の血流を調整して自律神経やホルモン分泌などの号令が正常に行えるように調整します。


アーユルヴェーダの全身オイル療法と、東洋医学の鍼治療の融合の技で、脳と身体が快適な状態になっていくことを体験された方々は、

更年期障害の対策だけでなく、将来の認知症対策やアンチエイジングに向けての定期的なケアとして取り入れていかれます。


アーユルヴェーダ・鍼灸治療は体と脳の繋がりを正常に保ち、癒しあるケアとして、40代・50代の方々を中心に支持を頂いております。


Yuri’s Blog

名古屋市千種区本山駅徒歩5分 アーユルヴェーダ&鍼灸治療 Ten治療院 http://ayur-ten.com/ 小川ゆりのブログ

0コメント

  • 1000 / 1000