休んでも寝ても、疲れが取れない・・どうしたらいい?


私たち日本人は、物質的には不自由のない生活が出来ていても、世界でもトップクラスの「疲れている国民」です。


睡眠時間の短さや、労働効率の低さなどでも、世界で1位・2位の常連組。


国はこうした状況に対し、2015 年には「労働安全衛生法」が改正されてストレスチェック制度が施行されるなど、労働者に対する対応が変わりつつあります。

しかし、現状が変わるにはまだ時間がかかるのではないでしょうか。


仕事中に集中力が途切れてしまうと、生産性が全く上がらなくて焦る。

仕事に追われ続けて、追い込まれてるストレスを、一人で抱え込む。


疲れていようが、眠かろうが、やる気がなかろうが、今できる精一杯を頑張り続けても、疲労感を抱えたままでは、要求される結果は出しにくいもの。


当院へは、気力と体力の限界で、ボロボロになって落ち込んでおられる方々が、SOSを求めてこられます。


慢性疲労状態に陥っている様子は、終わりのないマラソンを走っているかのように感じます。


止まることが許されず、常に緊張感を抱えて、考え事で頭が一杯のまま床に就く。

一体、どこに向かっているのか・・・

気力・体力を使い果たしても、さらに戦い続ける果てしなき道を、踏ん張り続ける限界の涙を感じます。


だからこそ、慢性疲労・気力低下・様々なストレスに悩む方々へ、治療を通じて手を差し伸べていきたい。


環境を今すぐ変えることは難しい。

けれど、体力・気力の回復。疲れた脳を養うケアは如何でしょうか?



Yuri’s Blog

名古屋市千種区本山駅徒歩5分 アーユルヴェーダ&鍼灸治療 Ten治療院 http://ayur-ten.com/ 小川ゆりのブログ

0コメント

  • 1000 / 1000