腰痛の治療に必要なこと


腰痛の「痛み」はどこから発生してるのでしょうか?

腰痛で悩んでいる方の約85%は、レントゲンやMRIの検査を受けても、腰に異常が見られないようです。

原因がはっきりと分からないのに腰痛に悩まされる。これを<非特異的腰痛>といいます。


また、腰痛は心の問題・ストレスが大きく関わっていると言われます。

仕事のときは腰の痛みに耐えながら、しかし休日に遊びに出ている時は案外痛みを忘れていたり・・・

だけど、やっぱり痛みから抜け出せない。

一体、どんな治療をすればいいのでしょうか?


身体が「痛み」を認識する時には、「脳の働き」が大きく関わっています。

たとえば、不意な動作や無理な負荷がかかって、腰の筋肉に傷が付いてしまうとします。

そこで痛みが発生して、常に「痛い」刺激を繰り返し受けていると、脳がその痛みに過敏になってしまいます。

そうすると、常に「痛い」という感覚が脳にインプットされてしまっているため、しばらくしてその傷が治っていても、まだ痛いと錯覚を起こす状態になるのです。


脳が楽にならないと、身体は楽にならない


私は腰痛への対策として、痛みをキャッチする「脳」へ直接アプローチするYNSA(山元式新頭針療法)を行います。

痛いところだけをケアしていても、脳にインプットされた痛みによって、また痛みは繰り返してしまいます。

つまり、脳が楽にならないと、身体は楽にならないのです。

YNSA(山元式新頭針療法)では、脳と身体の「痛みの悪循環」から解放して、脳から身体を楽にします。

これは腰だけでなく、膝痛や五十肩など、あらゆる痛みに共通して言えること。

YNSA(山元式新頭針療法)は、腰痛など「痛み」への画期的な治療といえます。


また、心の問題やストレスによって起こる身体の不調や痛みの問題は、とてもデリケートで複雑ですが、近年著しく増えている現象でもあります。


そのような背景を踏まえたうえで、Ten治療院は、アーユルヴェーダと鍼(はり)治療による二つの融合が理想的な解決策であることを探り出し、実践してきました

慢性的な腰痛には、YNSA(山元式新頭針療法)による脳へのアプローチが根本的な痛みを解決します。

そして、同時に心のストレスの蓄積を心底癒す、アーユルヴェーダ。

身体の痛みで悩み続けている方へおすすめしたい、脳と心のトータルケア。


あなたを、痛みから解放します。


Yuri’s Blog

名古屋市千種区本山駅徒歩5分 アーユルヴェーダ&鍼灸治療 Ten治療院 http://ayur-ten.com/ 小川ゆりのブログ

0コメント

  • 1000 / 1000