自分を苦しめる悪循環から抜け出すために


ストレスが溜まると衝動買いに走るように、心が辛いと食べることに執着する人もいます。


たとえば、何か辛いことがあると、コンビニでポテトチップスや菓子パン・カップラーメンなどを大量に買い込んでひたすら食べ続けてしまうケースがあります。


心がつらいから食べる。食べてしまうと次に後悔が自分を苦しめる。この悪循環から抜け出すことは容易ではありません。


しかし、そのまま食べ続けていくと、どうなるでしょうか?


胃腸の処理能力を超えた食べ物は「未消化物」となり、頭痛、腰痛、肩こり、肌荒れ、不眠、倦怠感などの不快な症状を引き起こします。


さらに内臓への負担が続くことで、あらゆる病気の温床となるでしょう。


結局のところ、自分で自分を苦しめてしまう心の状態を、アーユルヴェーダでは「心の毒」と捉えます。


心の毒がある限り、さらなる苦しみ・病気を引き寄せてしまいます。


悪循環を断つために


私が中国医学と共に、アーユルヴェーダを取り入れているのは、この「悪循環」を断つ手立てに優れているからです。


アーユルヴェーダのアビヤンガ・オイルマッサージには、安堵した感覚を蘇らせるチカラがあると、私は思います。


そうして得た感覚を、今度は自分自身を優しく労われるよう、セルフケアでオイルマッサージを続けられることが理想です。


また、食べ続けてきたことで酷使した内臓を、鍼灸治療で手当てをして修復し、

ストレスで誤作動を起こしている脳には、正常化へと導くYNSA(山元式新頭針療法)を施します。


このように、Ten治療院では頭の先から足の先・皮膚から骨の髄まで、丸ごとケアしていきます。


自分を大切に扱える人になる


過食に悩んでいた患者様から「食事を変えたら、身体が楽になりました」というご報告を頂きました。


身体に悪いと思うものを、あえて食べることで自分を苦しめていた方が、身体を思いやる食べ方が出来るようになったのです。


私は、症状を消すためだけの治療はしたくありません。


時間をかけても、人々を悩ます症状の元<体内に蓄積された毒素・心の毒>を追い出すデトックス・アプローチを欠かさない治療に取り組んでいます。


デトックス効果は、感覚が研ぎ澄まされていき、心身の状況を敏感にキャッチできるようになり、思いと行動を一致させていけます。


そのためにも、体内浄化はどうしても必要です。


私が目指すケアの終着点は、自分を大切に扱える人になって頂くことです。


Yuri’s Blog

名古屋市千種区本山駅徒歩5分 アーユルヴェーダ&鍼灸治療 Ten治療院 http://ayur-ten.com/ 小川ゆりのブログ

0コメント

  • 1000 / 1000